TOPICS
LINK
物件を選びましょう

インテリアとして大きな鏡のある物件は健康にも良い根拠

上手にインテリアを活用すれば、自宅の内部はも意外と広々と感じられるようになります。まず最初にオススメしたいのが鏡のある物件です。洗面台やクローゼットの鏡ではなく、できるだけ大きな鏡です。リフォームで取り付けるよりも、最初から施工してもらったほうが安全です。設置したいと思う場所としては、玄関、リビングルーム、脱衣所です。とくに玄関に大きな鏡が設置されていると、スペースが倍になるように感じられますし、出かける前の身だしなみチェックが可能となり、さらに訪問者には、ぱっと見たときに家の構造がわかりにくく感じられるという撹乱効果があるため、防犯にも良いのです。インターネットを利用して通販で取り寄せる機会が多いという人は、玄関に鏡を置いておくだけで、防犯効果を実感できると思います。荷物の配達で玄関に入ってきた人に対して、短時間では、どこが部屋への入り口かなど、判りにくくできるからです。あまり家の中に他人を入れたくないという家庭では、重い荷物も厳寒ドアの外で受け取ろうとする傾向があるため、それならばマイホームなのですから、大きな鏡を設置して、玄関に入ってくる人に緊張感を与えるようにしてみても良いと思います。
玄関に設置する大きな鏡の効果は、訪問者に緊張感を与えられます。自分の姿を見て、それを鏡だと判断するわけですが、そうした時間のおかげで、余計な自宅内観察や詮索をされずに済むのです。鏡が気を散らしてくれる、あるいは好奇心や邪気を反射してくれる、という感じです。これがリビングルームになると、広々とした空間に見えることから、錯覚とは言えリラックスしやすい空間になります。観葉植物を設置しておくと、鏡で倍増したように見える効果が得られます。脱衣所に鏡を設置している物件は少ないと思います。たいていは洗面台の鏡で足りるからです。しかし脱衣所は、意外と狭いものです。裸になるスペースですが、自分の裸を等身大で写して見ると、メタボ対策など、実は健康に良い効果があると感じています。自分の全身を写して見れる、というのは、実は、健康にも役立ち、空間を広く感じさせ、錯覚利用で防犯にも役立つ、というように、大きな鏡は優れたインテリアではないかと感じています。